Socket7 Database

(0/n)
カテゴリー : コンピュータ タグ :

Socketについて
Socket1 169Pin, i486
Socket2 238Pin, i486
Socket3 237Pin, i486
Socket4 273Pin, Pentium 60/66MHz
Socket5 320Pin, Pentium 75~120MHz
Socket6 235Pin, IntelDX4
Socket7 321Pin, Pentium/MMX Pentium
Socket8 387Pin, Pentium Pro
対応CPU
Intel / Pentium
Socket7対応のCPUでは最古参、MMX版と区別をつけるためClassic Pentiumと呼ぶことがある。
Intel / Pentium processor with MMX technology
PentiumにMMX機能を搭載したもの。
AMD / K5
初期モデルはAMD5k86という名前で流通、Pentium相当。
AMD / K6
MMX機能を搭載、166~300MHz
AMD / K6-2
リリース前はK6-3Dと呼ばれていた。MMXに加えてAMD独自の3DNow!をサポート
AMD / K6-III
K6-2をベースに2次キャッシュを搭載したもの。コア等速L2キャッシュ256KB?
AMD / K6-2+
等速キャッシュコア内蔵型,PowerNow!
AMD / K6-IIIE+
等速キャッシュコア内蔵型,PowerNow!K6-2E+」は64KBのL1キャッシュと、128LBのフルスピードL2キャッシュを備えており、FSBは100MHz。「K6-IIIE+」は64KBのL1キャッシュ、256KBのフルスピードL2キャッシュを備えており、外部L3キャッシュもサポートしている。FSBは同じく100MHz。省消費電力タイプの電圧は1.4V~1.8Vの可変式になっている。すべての新プロセッサは321ピンPGA(Pin Grid Array)パッケージで出荷されるほか、いくつかのバージョンは、小型でソケット不要な新しい349リードOBGA(Organic Ball Grid Array)パッケージで出荷される。また、K6-2E+、K6-IIIE+ともに、低消費電力版には同社の省電力技術「AMD PowerNow!」テクノロジに対応しており、組み込み用途が必要とする、省スペース・低コスト・省消費電力という相反する条件を満たすことができる。
Cyrix / 6×86
K5同様にPentium相当。
Cyrix / 6x86MX
6×86にMMX機能えお搭載
Cyrix / M II
6×86の100MHz対応版???
RiSE / mP6
IDT / WinChip C6
IDT / WinChip 2
途中からGTAパッケージに切り替え
対応チップセット
Intel 430TX
VIA VP
VIA VP2
VIA VPX
VIA VP3
VIA MVP3
VIA MVP4
ALI Aladdin V
SIS 5591/5595

Trackback URL : Comment PermaLink

コメントする

メールアドレスは公開されません。 *は必須項目です。

*: *:
top