Macbook Air データ救出備忘録

(0/n)
カテゴリー : コンピュータ タグ :

Macbook Air(Mid-2012) のSSD障害で爆弾マークで起動しなくなったときの
データ救出作業の備忘録。
1.PRAMクリア
command + option + P + R (起動音2回なるまで)
⇒ 改善なし
2.SMCリセット
i)MagSafe 電源アダプタを電源に接続し、まだ接続されていない場合は Mac に接続します。
ii)内蔵キーボードの左側にある「shift-control-option」キーを押しながら電源ボタンを押します。
iii)すべてのキーと電源ボタンを同時に放します。
iv)電源ボタンを押してコンピュータを起動します。
http://support.apple.com/kb/HT3964?viewlocale=ja_JP
⇒ 改善なし
3.Single User mode
command + S にてシングルモードでブート
/sbin/fsck -fy (修復コマンド)
その他何かやった記憶もあるも詳細失念、、で一部ファイルは死んでいる(アクセスするとフリーズする)も生存ファイルはアクセスできるようになった。
DVC_0831_145339_
4.退避用HDDの準備
NEFSはマウントしても書き込みできないので、FAT32にてフォーマット
FAT32はWindowsでは大容量フォーマット(32G以上)できないのでツール(EASEUS)を利用。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeuspart/
5.ドライブのマウント
4.で準備したHDDをUSB-SATAケーブルでMacに接続し、Single User modeでマウントさせる。
mount -t msdos /dev/disk2s1 /tmp/
権限上、新たなフォルダを作ることができなかったので/tmp/ にマウントさせた。
6.データコピー
各フォルダ(Documents, Desktop, Downloadsなど)単位でデータをコピーした。
まずはターゲットフォルダを作成
mkdir /tmp/Documents
CPコマンドでフォルダ階層まるっとCOPY
cp -R -a -p /Users/mempad/Documents/ /tmp/Documents
http://www.k-tanaka.net/unix/cp.php
http://codezine.jp/unixdic/w/cp
RSYNCでもよかったかも。
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?rsync
7.アンマウント
データコピー完了したらHDDをアンマウントして終了。
umount /dev/disk1s2
8.ディスクユーティリティ
可能な限りサルベージできた後にダメ元で、ディスクユーティリティのFastAidから修復を試みるも修復できず。
※起動USBを作った?Bootセレクタでインストールから? 詳細失念。。。
DVC_0831_171527_
9.その後、、、
諦めてSSDをフォーマットしてMacOSのクリーンインストールした後、完全にSSDを認識しなくなり終了。
(参考にしたURL)
http://blog.3streamer.net/life-hack/howto-recover-mac-642/
http://d.hatena.ne.jp/glass-_-onion/20110125/1295960871
http://elmojr.blog54.fc2.com/blog-entry-282.html
http://taka.tank.jp/hp/tips/mac-trouble.html
http://d.hatena.ne.jp/kt_hiro/20120930/1348962600
http://d.hatena.ne.jp/mikan-s/20101130/1291089554
http://sci10.org/on_MacbookAir_HDD_salvage.html

Trackback URL : Comment PermaLink

コメントする

メールアドレスは公開されません。 *は必須項目です。

*: *:
top